topimage

2018-02

デキモノを取ったんでしよ。【毛芽腫備忘録】 - 2018.02.10 Sat

旅記事の途中ですが。

先日、すばるが手術をしたので、その一連の備忘録を記しておきたいと思います。
例によって長~いので、お時間ある時にもしご興味があればどうぞご覧ください。

今回、記録の為に
患部の状態、摘出した腫瘤、術後、抜糸後の写真を載せていますので、
苦手な方はスルー願います。


んじゃ、始めるでしよ。
DSC00999.jpg


思い返してみれば散歩後のお手入れ時に、
私が右耳の下辺りにコロコロする違和感を覚えたのは
昨年の今頃からだったと思います。

しかし、それはいつも不意に指先に触れては何処かへ隠れてしまう感覚で、
毛むくじゃらを掻き分けて見ようとしても目視もできない程度だったので
気のせいかなというくらいにしか受け止めていませんでした。

が、春頃に我が家に遊びに来ていたみかまるさん(ぼたんのママ)が
すばるをマッサージしてくれてた時(何の時だったかは忘れたw)、
「右の耳の下辺りに、何か触るものがある気がする・・・」
なんて教えてくれたのでじっくり触ってみると、
炊いた小豆くらいの大きさのしこりのような物が確かにありました。

この時点では、病院で何かのついでに診てもらったらいいやと思い
直ぐには連れて行かず、
暫くしてフィラリアのお薬を貰いに行ったついでに診てもらうと、
様子見で急に大きくなってきたらまた診せるということで
経過観察となりました。

九州旅行の最中にも触るとそれは無くなりはせず、
徐々に大きくなってきていることは確か。
しかし、すばるは一向に気にする様子もなく、触ってもへっちゃらです。


九州旅行から帰り、直径1.5cmくらいに大きくなっていることを訴えると、
針吸生検(注射針などで腫瘍を刺し、吸引した細胞を調べる)を
してもらいましたが、癌細胞は見つからず。

その後、何故か平べったくしぼんだのですが、
それからまたいつの間にかどんどん大きくなって2cmに達し
厚みもでてきたので、もう一度細胞を抜いてもらいその場で顕微鏡で見てもらうも、
「もう一度生検に出しても同じ答えが返ってくると思います」と言われ。

実はもう一つ、手術でその腫瘍を摘出し、
その腫瘍そのものを検査機関へ送り調べるという方法もあるよと言われており、
せっかちで安直な私などはこちらを選択しようとしたら、
慎重派なじゃが男さん(夫)が首を縦に振らず。
全身麻酔や切開ということを私よりも重く考えていたようです。

「悪性の可能性は細胞診だけではゼロとは言えませんが、
 急激に大きくならなければ様子見でも大丈夫ですよ」と言われまして、
そのまま12月を迎え・・・

しかし、
事あるごとに「なんか大きくなってる気がする・・・」とブツブツ言っていたら、
じゃが男さんが会社の同僚から、
意外と近い場所に勉強熱心な女医さんが開いている病院を教えてもらってきて、
診せてみようと。(こういうのをセカンドオピニオンって言うのかな?)
そしてひょんなことからルナママさんに教えてもらった
ラムちゃんの毛芽腫の体験談もじゃが男さんの背中を押してくれ。(ありがとう~)

年末も差し迫った週末、
またもや針をぶっ刺されて、すばるは災難だったけど、
その先生も同じ診断。ただ、サイズ的にも摘出してしまったほうがいいだろうと。

「どちらでもよいのですが、もしこちらの病院で手術をするならば、
 年明けすぐにでも準備はできるので今日にでも術前検査の為の血液を採って
 準備することはできます。」と言われたのですが・・・

悩んだ末、やはり、かかりつけの病院でお願いすることにしました。

年明けに、早速かかりつけの病院へ行き、摘出手術のお願いをしまして。
18日にトリミングの予定を入れていたので、その週末でして欲しかったのですが、
そこは病院側の予定が埋まっていて・・・

21日術前検査、そして28日に手術と相成りました。


左:1月9日、毛をかき分けるとすぐに目視できるように。 右:1月28日(手術当日)。
DSC_3335.jpg


ちなみに、それまでは患部を写真に撮ろうとしてもイマイチ分からない感じでしたが、
以前にも増してムクムク大きくなってきていて、
手術する前に破裂してしまったらどうしようと内心ビビってました。

21日は午前中に預けて、血液検査、心電図、レントゲンなど検査をして16時にお迎え。
血がやや止まりにくい傾向にある、という他は異常なしの検査結果だったので、
28日は予定通り手術をすることに。
その際、全身麻酔や手術の同意書を持たされ、当日サインをして持ってくるように言われました。
去勢施術の時は、こんなことしたっけなぁ?

さて、当日。


この日も元気に「ハラ減ったでし」と起こされ、こんなものを与えました。
DSC_3317.jpg


クリティカルリキッド。
手術当日の朝はごはん抜きが当たり前、では最近ないらしいです。
空腹よりクリティカルリキッドのような流動食を与えていた方がいいらしい、
と学会で発表されたらしいですよ。テキトー情報でスミマセン。
難しい事は分からないけど、ごはんをあげられないことの辛さを免れられるならば!
との思いで与えてみることに(笑)

匂いは薄~い豆乳?みたいな感じ。
試しにちょっとだけあげてみたら、何のてらいも無く(笑)
1本グビグビ飲み干しました。
難点は、お口周りがドロドロになること
ただでさえ手術でヨレヨレになりそうなのに・・・
まぁ、仕方ないです、ビションだもの。


11時に預けて、お迎えは麻酔が覚めきる頃の19時過ぎにということでした。
手術は午前診療と午後診療の間に行うそうで・・・
歯石取りと涙管洗浄のオプションをお願いしたからか、
午後の診療開始が16時なのに結構ギリギリで終わったそうなので、
先生、お昼ご飯とかどうしてるんだろう?とか思いつつ・・・

再会したプラスチックのエリカラを付けたすーさんは、気だるそうでしたが
私の顔を見るとしっぽを振ってくれました。

先生は術中の様子などを画像を見せてくれながら説明してくださり。
切開に使用したのも電気メスなので、出血もほとんど無く。
心配していた筋肉への癒着もほとんど無かったとのことでひとまず安心。

摘出した腫瘤も見せてくださいました。
DSC_3341.jpg

これをホルマリン漬けにして病理検査へ出し、抜糸の時に結果を聞くことに。
コロッとしてて、こういっては変ですがキレイな塊だったので、
勝手にこれは悪性ではないだろうとなんとなく思ってた私は楽天家でしょうか


内側は体内に溶ける糸を使用していますが、外部は黒い糸で縫合したそうです。
DSC02004.jpg


8~10日後に抜糸で、その間は特に消毒に通うということもしなくてもよく、
行けるならお散歩も翌日から可能とのこと。
しかし一番怖いのは後ろ足で掻いてしまい傷口が開いてしまう事なので、
絶対にエリカラは外さないようにと言われました。

長くなるので(←もう充分長すぎるわ)
すばるの様子は後日まとめて記録するつもりなので割愛します。


それから10日経った2月7日に抜糸しました。
DSC_3381.jpg


検査結果も頂いてきました。

診断はやはり毛芽腫(以前は基底細胞腫と呼ばれてたそうです)。
毛芽腫は、
「毛包胚芽細胞由来の、発生頻度の高い良性腫瘍であり、
 頭部、頸部、体幹部に最も頻繁に発生する」もので、
「今回のように完全切除により治癒が期待される」とのこと。

結果的にサイズは3.2×2.5×1.7cmまで大きくなってましたが、
「腫瘍細胞の脈管内浸潤は認められず、病変は完全に摘出されている」
とのことなので、一安心です。

診断書には、
「体表に生ずる腫瘤上病変(しこり)は、肉眼や細胞診のみで
 確定診断や良悪判定を行うことが困難な場合があります。
 したがって、病変の適切な予後判定のために、
 今後も体表の”しこり”に対して、早期切除および
 病理組織学的検査を実施することをお勧めいたします。」と記載されていました。

毛芽腫はニンゲンにも出来るものらしく、高齢者に多いそうです。
そう考えるとすばるも7歳というシニア年齢に達し・・・・。

7歳はまだ若いと言われるようになってるご時勢ですが
やっぱりシニアなんだということを肝に命じておいた方が
お気楽まめ子にはちょうど良さそうです。


以上、毛芽腫摘出手術に関する備忘録でした。



最後までお読みくださりありがとうございます。
読んだよってポチしてくださると嬉しいです♪
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村






シロくん、ありがとう。安らかに・・・。
スポンサーサイト

今更備忘録★膿皮症でアレルギー検査。 - 2017.02.01 Wed

本日、どーでも話も本題も内容が無いわりに長いのでお時間のある時にでもどうぞ!

土曜日、会社の釣り部に参加したじゃが男さん(夫)が
アジ15匹、アナゴ1匹、何とかキス1匹をお持ち帰り。余裕が無くて撮り忘れw
(実際の釣果はアジ2匹、アナゴ1匹、キス1匹だったそうです)

じゃが男さんのヤツ夜8時くらいに帰ってきて疲れて寝ちゃったので、
その日には手を付けず(こっちもその時間じゃやる気起きない・笑)。
翌日は法事があったので朝9時には出ないといけなかったのですが、
すばるもホッタラカシで二人でアジの処理を出掛ける前になんとか終えて、
帰ってきて夕方になってもお腹もすかないまま半分以上タタキにしたのが精いっぱい。
(一応、タタキは共作ですw)
月曜に残りの4匹分は野菜の量が3倍くらいの(笑)アジの南蛮漬けに。

アナゴはさすがに釣り船のおじさんが捌いてくれたのですが、頭付き。ギャー!
当日ある程度洗って頭はオサラバしてぶつ切りにして(じゃが男さんがw)
月曜まで持ち越し、また丁寧に洗って骨せんべいと煮アナゴにしましたが。

もー、アジはまだ(時間があれば)マシなのですが、
アナゴってヌルヌルするし長いし顔コワいし!!!!
美味しく成仏していだたいたのですが、今度はお店で食べたいです(泣)

ちなみにキスは、15cmくらいでちっさくて、揚げ油が余った(?)ので
捌いて揚げてその場で塩振ってぺろりと立ち食いしましたw美味かったっす。

旅行に行けばやたらと予定を立てるツメツメコンダクターじゃが男、
今仕事もMAX忙しいのに金曜日は飲み会だったし、
自分の予定も何故か詰め詰めになるという・・・どーでもあるある話でした。


何で前置きがこんなに長いかというと、本題が薄っぺらいわけで。
全然筆(じゃないけど)も進まず・・・というわけで。
えっと、今日はだいぶ前にやったアレルギー検査のお話です。


先に言っておくけど、大したことない内容でしよ~。
DSC_1187.jpg


まあ何度か書いていますが、湿気の多い時期に発症するのはありがちだけど
一昨年の夏からずっと膿皮症が治らなくて、
これは食物アレルギーを疑ってみてもよいのでは、と
お医者様に言われ療法食を試していたのですが・・・

こちらとしては、食物アレルギーってのはどうもピンと来ず。
・・・だって今まで発作とか目や口の周りが赤くなったり
湿疹が出たりとかはなかったし。

全然効果も無いので、無駄な段階にイラッとし・・・いやいや、
早く答えが欲しくて、アレルギー検査を所望したのでした。

が、これがなかなかどうして首を縦に振ってくれず。
まぁ、決して安い検査ではなく、結果も白黒つけられるわけではないので、
意外とクレームが来やすいのか?
ウチの近所のお医者様は進んでやってみようと勧める所が少ないようです。
(リサーチ3医院ですけどw)

そりゃ、アレルギー検査ってのはやったところで
全てが確実にはっきりするわけでもないのはよくわかっているのですが、
あのどん詰まり感から早く抜け出したいのと、
食べ物じゃないってことをお医者様に早くわからせたかった、というのが本音でして。

で、やっと検査して、結果何にも出なかったわけで。

結果的に、環境が不潔だったから、ということがハッキリしたのです。
(流石にお医者様はそんな指摘はしませんでしたがw)

これも以前どこかで書いたような気がしますが、
小さい頃は毎日泥んこになって遊んでいたので、ほぼ毎日水洗っており
逆に変にキレイな状態で過ごしていたので、
引っ越し後ストレス軽減の為とはいえ、
月イチのトリミングまで一度も水洗いすらせずに薄汚れたままの状態が
すばるには良くなかったのではないか、と。
(一応、散歩後のお手入れは毎日していたし消毒薬でお腹周りは拭いていたのですが・・・)
それと共に、部屋の掃除の回数やすばるのベッドカバーの洗濯回数も減っていたので…

あー、恥ずかしい。


で、そのアレルギー検査の結果が何もなかったので・・・


2歳の時にやったのと、比較してみました。まず、左半分~。
DSC_1180.jpg


左側が2歳の時、右側が去年の夏(5歳)のものです。


同じく、右半分~。
DSC_1181.jpg


IgE検査というもので、食物や草・樹木・カビから一般的な(?)40項目を調べます。
殆どのお医者様ではまずこちらを勧められます。

最近の人間用の検査では
(一昨年まめ子も数項目選んで検査したのです。アトピーなもので)
ピンポイントで怪しいと思われる項目を選べたりするんですが(病院にもよるのかな?)、
ワンコも選べるようになればいいのに、とか思いながらも・・・

ご覧いただくと、陰性陽性反応も2歳の時と出てる項目が違うし、
同じ項目で比べてみてもその数値も違うのですよ。

ハッキリ陽性と出たならば、勿論きちんと除去してあげないといけません。
が、
毎回ワンコ自体の体調やストレス度、環境などが違うので、
こういう総合的一般的な検査はやってもどうなの?ってちょっと思うから
お医者様もなかなか検査してみようって言えないのかもしれません。

でも、「その時の」一定の目安にはなるので、
出た結果は結果として受け止めようと思ってます。

去年の秋、鼻水・逆くしゃみが一時期止まらなかったのは
草・樹木系のアレルゲンに何か(ここに記載されている以外でも似ているもの)
反応していたからだと思いますし。

だからというのも何なんですけど、
牛肉は今後もたま~~~~~のご馳走ということになります(笑)


なかなか書けなかった割には始めたら長くなってしまいました。
その割には内容が無くて申し訳ございませんでした~!



字ばっかりでアレなので、うっかり咲いちゃった桜でも。慌てて撮ったから、ボケたけどw
DSC_1195.jpg


一昨日、気温が20℃近くまであがったので桜も間違えちゃったようです。
まだ寒いけど大丈夫!?



最後までお読みくださりありがとうございます。
読んだよってポチしてくださると嬉しいです♪
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村








ウダウダ書いてたら2月になったわけで・・・

遂に解禁でし! - 2016.08.22 Mon

今朝から台風9号のせいで、関東地方色々影響・被害が出ましたね。
すばる地方でも土砂災害避難勧告が一部で出てビックリしました・・・。
あ、ウチは影響ないのですが、イマイチどの辺りかわからず
思わず近くの川の水位をネットでチェックしてしまいました。


さて、皮膚の病気ときちんと向き合って、
フードを変えてから早や1カ月と約1週間・・・となりましたすばるさん。

お医者さんと相談して、やっぱり念の為?血液検査をすることになったのですが、
結果はまだ出ていないので、後ほどということで。

日々の食事については、アミノペプチドからまた切り替えていく方向ですが、
これもまだ何にするか決めていないので後ほど。

しかし本当に!
時にお友達まで巻き込んでの(すぺしゃるさんくすモクぼたんモフえもんリズ!)
フードのみ生活頑張りましたが、実は嬉しい副産物が。
始めた当初5.8kgだった体重が前回(先週)5.6kgに減っており、
その時はまぁ直前に散歩して出してきたからかなと思ってたのですが、
今回なんと5.5kgをマークしまして。

食事と食事の合間やご褒美としてなどにも同じフードをあげていたので、
じゃが男さんが「これしか食べられないんだから可愛そうだ」とか言いつつ
どんどんオヤツとしてあげる量を増やしていったにも拘らず減りましたよ。

まぁ、その分食事の時間の分を
まめ子が気持ち減らしてたりしたせいもあるんですけど(笑)

どんだけ頑張ってダイエットさせてるつもりでも、
オヤツあげてたらなかなか痩せないってことを実感できました。
ニンゲンもそういうことなんだろうなぁ~(笑)


そして、気になるそのオヤツですが(笑)、めでたく解禁となりました\(^o^)/

ただし、1種類だけ選んでね、ということなので、それはもう、この食材しかないよね。

サツマイモ♡

何故1種類かというと、実際食べてみて、
痒がるとか膿皮症がひどくなるとかいうアレルギー症状が出るかどうかを見る、
ということをしていきたいそうで。

実は内心、幸水梨も食べさせたいと思っていたのですが、
そちらは断念。まめ子的にはかなりガッカリ・・・

もちろんフレッシュ(?)なサツマイモは家になかったのですが、
蒸かしたものを冷凍したのがあったので(捨てるの勿体なくてやってみた)、
自然解凍したらフツーに美味しく頂けたので、早速夕食時に与えてみることに。

目の前でカットすると興奮すると思い、キッチンでカットしてたら、
速攻足元に来てキラキラおめめで見つめていました(笑)


さぁ、久し振りのおイモだよ~!!特別に大盛(?)だよ~^^
IMG_2919.jpg


待望の・・・
IMG_2921_2016082217585903d.jpg


一口目!
IMG_2922.jpg


カメラをのぞき込んでると、じゃが男さん(夫)の
「なんか泣けてきちゃう※△☆・・・」
とか何とか聞こえてきたので
「そうだねぇ、すばる泣いちゃうほど嬉しいねぇ~」と返したら。


涙ぐんでるのはじゃが男さんでした(笑)
IMG_2923_20160822175929435.jpg


なんだよそれΣ(´Д`*)


それからは、ブランクを感じさせぬ要求っぷりを披露。
DSC_0549.jpg


益々真面目な面持で待ちます。なんかブサイクだなぁ~(笑)
DSC_0548.jpg


このあと、まめ子達の夕飯と同時進行の為
メチャクチャじらされながらおイモを完食致しました^^






最後までお読みくださりありがとうございます。
ランキング参加中です。応援ポチ頂けると嬉しいです♪
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村






あぁ甘露(笑)

夏なのに。 - 2016.07.12 Tue

あらら?モニターの位置を直そうと持ち上げただけなのに、
空でアップされちゃった!?スミマセン~

本日はちょっと真面目な(?)
今までエリカラの話やトリミングの話等々でチラホラ登場してきました
すばるの皮膚疾患のお話です。

毎年、梅雨時から夏の間は足裏ナメナメでエリカラをつけてたすばるさん。
しかし、去年の夏からは、とうとうオールシーズンエリカラ犬となってしまいました。


それが何でしか?
IMG_0375.jpg


もはや夏の足裏ナメナメは恒例となり、
更なる問題はお腹周りの膿皮症でありまして。

膿皮症って、ブドウ球菌が悪さをする疾患だそうで、
とにかくワンコとその環境を清潔に保ってあげることが肝心らしいです。

お散歩後のケアはしつこいほどしていたつもりですけれど、
シャンプーする回数はガクンと激減していました。それこそ毎日やってた時期もありました・・・w
引っ越してから宅シャンするにはちょっと難しい洗面所になったこともあり、
すばるもまめ子もお風呂場シャンプーに慣れず、
ストレスになるくらいならむしろ洗わずに何とかしようと思っていた節もあります。
でも皮膚にはそれが良くなかったのかな。

ちなみに現在使用しているシャンプー右側のコレ。
DSC_0023.jpg


以前は引っ越し前に購入したオーツ(写真左)を使ってましたが、
オーツはしっとり系なので膿皮症にはこっちの方がいいよ、
とつい最近勧められたのが薬用酢酸クロルヘキシジンシャンプー。
早く教えてよ~(泣)

ただし殺菌系?なので、毛はバサつきがちになり
リンスでなんとかしてますが、これもいいのか悪いのか・・・。
これが無くても、リンスは毎回使用量でとても悩みます。

エリカラ外せなくて汚いの使ってた割には顔周りに出る事はなくラッキーでしたが、
ベッドのカバーももっと頻繁に洗ってあげなければならなかったと反省してます。


IMG_0535_20160712150615cde.jpg
(※文章と関係ありませんが、鶏肉おねだり中。)


それでも、今年に入ってから真面目に週1回シャンプーを目標に
すばるがストレスを感じない程度に頑張ってましたが
一向に疾患の方も減らないので、先日、お医者さんに改めて相談したら、
療法食でしばらく様子を見てみましょう、ということになりました。

色んなレベルのサンプルを6種類ほど試食してみたのですが、
どれもぺろりと完食してしまったので、一体どれがいいのかわからず(笑)

では、まずはこれで試してみましょう、と勧められ始めたのが
ヒルズのプリスフィクション・ダイエットd/d(ディー・ディー)サーモン&ポテト。

これは、まぁ食べるんですけど・・・
ウンチョス君が硬くなってウンウンしにくそうで、便秘気味になってしまい。
(でもここはそれほど重要なことではなかったらしいです)
そして涙の量がやたらと多くなってしまったので、相談したら…

ちょっと本気で原因究明をしてみよう、ということで、
ロイヤルカナンのアミノペプチドフォーミュラになりました。

DSC_0022_20160712150609e9e.jpg


これは乱暴に説明するとたんぱく質などのアレルギーを起こす物質を
こまか~くこまか~く砕いて蛋白源で無い物にしてるそうで、
これを食べてれば食物からのアレルギーは絶対に起こらないハズ、だそうです。

血液検査も考えたけれど、検査結果はぶれることがあり
完璧な結果(その時よくても後で数値が高かったりその逆があったり)ではない場合があるので、
着実に消去法で行こうということになりました。

と、いうことは、だよ?

当分(2カ月ほど)はご飯のトッピングもご褒美おやつも鶏肉のおこぼれも
サツマイモもヨーグルトもりんごも桃も梨もスイカも!ぜーんぶ食べちゃダメなんだよね~

がびーん。


え、何て言ったでし!?
IMG_0534.jpg


嗜好性の強い味つけ(?)になっているようなので、
飽きずに食べてくれればいいなぁ・・・。

とほほ。

と、今更文章にしてみて、ダメ飼い主だなぁ・・・としみじみ思いました。

夏なのに、美味しいフルーツ目白押しなのに、
食べさせられなくてごめんよ。
まめ子もじゃが男さん(夫)も、一緒に我慢するからね。
なるべく・・・(←ダメじゃん)





最後までお読みくださりありがとうございます。
ランキング参加中です。応援ポチ頂けると嬉しいです♪
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村






家族でダイエット?

やっちまったでし。 - 2015.10.11 Sun

※本日の記事、閲覧注意の画像があります。傷口など苦手な方ご注意ください。※


何故かシルバーウィーク最終日に巻き戻しまして。

9月23日、まめ子父が新聞の懸賞で当たったとかで、
有難くチケットを頂戴したので、久しぶりにクラッシックコンサートへ。

場所は一度は行ってみたかった『サントリーホール』
upload_-1 (1)


「安い席だけれど得した気分になれる席」と
隣のマダムが仰っていたのにこっそり頷いた、オーケストラの後ろ側の席で。


待つ間に駆けつけ一杯お酒をたしなみ。
upload_-1_20151011133758044.jpg


意外にたっぷりのスパークリングワインで大満足♪だったのは置いておいて、
感動したプロの演奏。

・・・なんだけど、じゃが男さん、もう帰るって!

何故かというと・・・


このお方のせいで。
IMG_1918_20151011135641936.jpg


実はシルバーウィーク直前辺りから、足舐めが酷くなっていて、
右後ろ足、一番内側の指の股(ニンゲンで言うと人差し指の中指側?)に
バイ菌が入ってぷっくり化膿してしまい。

3段エリカラでは心配なのでコンフィコーンという円錐型ソフトエリカラを着用させて
お留守番させてきたのですが・・・

そんな不憫なすーさんを置き去りにしたのが心配で心配で演奏に集中できないそうで。
勿体ないけど、あと1曲残して帰ることに。


※ さぁこれから患部公開、苦手な方はスルー願います ※


最初に気付いた時はパンパンに膨れていて、
一度お医者さんに注射針で検査して頂くついでに膿を出してもらい、
その後出る時は絞ろうとしたのですが。

何か芯が残っているようなので、またお医者さんにて
検査ついでに今度は切開してもらうことになったので、
とうとうバリカンで一部毛を刈られまして。

切開したため傷口が大きくなってます。膿が溜まってる所はぷっくり。
IMG_1780.jpg
傷の横の毛が一筋、焼けております。


もしかしたら、腫瘍かもしれないけど、
そうじゃなくても芯がイボのように残るかもしれないとのことだったのですが、
特に問題なしということで、抗生物質を2週間飲み続けまして。


カサブタは残ってますが、一応完治しました。
IMG_1900.jpg


実は画像は残してませんが、
この夏チョイチョイ出来ていた膿皮症が、今回はお腹周りも花盛りになってしまって。

毎日のお手入れ、決してサボっていたわけではないのですが、
おしっこが付いた所をキレイにしきれてなかったのが原因なので、反省。

トリミング後、一時期バリカン部分をやたら気にして舐めてたことがあり、
お腹にかんしてはハサミでカットしてもらうようにしていたのですが、
あれだけやっても毛に付いたおしっこ跡がキレイにできないとなると
(おしっこの仕方がヘタクソ過ぎるのか!?)
まめ子も日々伸びてきたところをチョキチョキ切るか軽くバリカン当てるかの
セルフお手入れをするべきか(でもちょっとコワイ・・・ヘタレです)
やっぱりトリミング時にばっちりバリカンしてもらった方がいいのかな・・・。

とか、目下悩んでおります。


完治後、ベランダへ出たがったのでお祝いで(?)エリカラ外して出してやったら。


おねぇ座りで、こちらを覗き込んでおりました。
IMG_1892.jpg


やっぱり、ひとりでは不安らしい(笑)





最後までお読みくださりありがとうございます。
ランキング参加中です。応援ポチ頂けると嬉しいです♪
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村







何のストレスなんだろう(泣)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

えだ山まめ子

Author:えだ山まめ子
ワンコ :すばる
性 別 :♂
誕生日 :2010年12月4日
好きな事:食べる事、
     自然の中でのお散歩。
苦手な事:お留守番、仲間はずれ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

土手散歩 (95)
お散歩 (92)
おでかけ (86)
犬連れ旅行 (59)
日常生活 (165)
トリミング (62)
モフ会 (81)
からだのこと (11)
いたずら (43)
お友達 (18)
お留守番 (4)
病院 (12)
困りごと (21)
頂きモノ (15)
お道具 (23)
パピー時代 (2)
犬なし旅行 (13)
記念日 (11)
未分類 (27)
どーでも話 (32)
おけいこ事 (42)
食いしんぼう万歳 (25)
よこそ我が家へ (29)
お邪魔します (58)
犬連れキャンプ (5)

来てくれてありがと!

足あと

おきてがみ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR